トップページに戻る
ごあいさつ
ミャンマーシンポジウム
日本ミャンマー交流写真展
ミャンマー市場
増上寺へGO!
推薦のお言葉
メコン総合研究所活動実績
写真で振り返るミャンマー祭り2013
経済フォーラム

トップページに戻る↑

トップページ 〉 アーカイブ/ミャンマー祭り2013 〉 メコン総合研究所

寺小屋・学校を地域コミュニティの核にした支援

NPO法人メコン総合研究所は2006年からミャンマーでの寺小屋教育支援事業をスタートし、日本の皆様の寄付金で現在までに、寺小屋小学校・中学校20校(2013年5月現在)を建設、寄付してまいりました。

また、校舎建設などのハード面だけでなく、日本の優れたシステムを活用し保健室の建設、深井戸掘削、排水設備の導入なども行い、日本人の医者や看護師たちの医療チームによる子供たちの健康診断や保健教育も行ってまいりました。

学校が地域社会のコミュニティの核になるように、現地の寺院、僧侶の力を借り、子供たちが大事にされ、安心して育っていけるように心がけています。

ミャンマーに寺小屋が一つでも増え、笑顔で寺小屋に通える子供たちが一人でも増えるように日本の多くの方々に広く寄付を募集し、活動しております。

【贈呈、支援した寺小屋小学校・中学校】

●贈呈者 12(個人・団体) ●校舎数 20校

●教室数 12ホール、50教室 ●生徒数 6,531名

このほか、保健室、深井戸を3校に贈呈、寺小屋の生徒数1,300人に保健室活動を実施。

文具、給食の提供活動など、多角度からの活動をしています。


安倍昭恵さん

日緬交流の母・安倍昭恵さん(NPO法人メコン総合研究所名誉顧問)も、
熱心なミャンマー支援を続けています。

 

子供たちが学び、育つ時間に共感し
共有していきます。

 

安倍昭恵さんが手渡しています。 寺小屋の様子

寺小屋支援は、学校が建ってからが重要です。
折りにふれ訪問し、日本の皆様からの支援にもとづく文具、衛生用品などを生徒たちに手渡していきます。

この学校は、お寺を借りて運営されています。黒板があって、先生がいて、屋根があって、壁があります。
でもこの4つとも、何もないけれど学校として活動しているところも、珍しくはありません。

支援物資の提供 子供たちがノートを手に記念写真

100人でも、1000人でも、ひとりひとりに文具を手渡していきます。

子供たちが文具を手に、嬉しい記念写真。

食事のサポート 食事のサポート

寺小屋支援事業の大きな柱の一つ、給食支援。
給食があれば、学校に通えます。

飽食のない社会では、ご飯を食べることは、本気で、全力で行う、大仕事です。

石鹸を手渡します ミャンマー人看護師のサポート

保健指導の一環として石鹸をひとりひとりにプレゼントしています。

デルタ地帯の寺小屋でミャンマー人看護師による
健康診断をサポートしました。


Contents
ミャンマー・シンポジウム 日本・ミャンマー交流写真展
ミャンマー市場 増上寺へGo!
実行委員会よりごあいさつ 推薦のお言葉
NPO法人メコン総合研究所活動実績 ミャンマー経済フォーラム
↑↑トップページに戻ります↑↑  
   

『ミャンマー祭り2013』実行委員会事務局 (公益財団法人 浄土宗ともいき財団内 )
eメール info@myanmarfestival.org
担当 伊藤 紗瑛子/山下 千朝
〒105-0011 東京都港区芝公園4-7-4 明照会館3F
Tel. 03-3436-3353 Fax. 03-5472-4878

 

協賛

アイテットコーポレーション様 イオン様 伊藤園様
稲葉燃料様 infinia capital holdings pte.ltd.様 HIS様
オフィス良生様 五葉フーズ様 シンクスバンク様
光明寺 SILVERWAVE ENERGY スズキ株式会社様
大正大学 拓殖大学様 タヒボジャパン様
大和総研 東海学園大学様 東京ELS日本語学校
トキコテクノ様 トヨタ様 豊田通商様
NAY WUN YEE YEE TRADING co.,ltd. N MAI HKA Travels and Logistics Service 日本工営様
日本ミャンマー協会様 beauty solutions 仏教教育学園様
ベリーベスト法律事務所様 丸紅様 三菱自動車様
ワンズワード様    

ミャンマー祭り2013 PARTNERS
ミャンマー祭り2013をサポート下さっている企業・団体様

特別協賛

アルプス技研様

協賛

タマホーム様
日本通運様
みずほ銀行様
JR東日本
 
入江三宅設計事務所
enishi様
MMRD様
弘経寺様
ANA様
太陽生命様

 

copyright myanmerfestival.org